コンテンツにスキップする

米国務長官、台湾への軍事・外交・経済的圧力に懸念-中国外相と電話

ブリンケン米国務長官は、中国の王毅外相との12日の電話会談で、中国による台湾への軍事的、外交的、経済的圧力の継続に懸念を表明した。

  国務省のプライス報道官が13日に声明で明らかにしたところでは、ブリンケン国務長官は「平和的かつ台湾市民の望みと最善の利益に合致するやり方」で台湾海峡問題を解決するため、「有意義な対話」を行うよう中国当局に強く促した。

  国務長官はまた、グローバルなエネルギー供給と不安定な価格変動が世界経済の回復を危険にさらすことがないよう対策を講じる重要性を強調した。電話会談では、米東部時間15日夕にオンライン形式で開催される米中首脳会談の準備も話し合われたという。

 

原題:
Blinken Expressed Taiwan Concerns to China’s Wang Yi in Call(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE