コンテンツにスキップする

トヨタら国内自動車・二輪5社、脱炭素燃料や水素エンジンで連携

更新日時
  • マツダは次世代バイオディーゼル、トヨタ・スバルは合成燃料を使用
  • 川崎重、ヤマハ発は二輪車で水素エンジン開発の共同研究の検討開始

トヨタ自動車など国内自動車・二輪メーカー5社は13日、温室効果ガス排出の実質ゼロ(カーボンニュートラル)実現に向け、内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる取り組みを共同で発表した。

  発表資料によると、トヨタとSUBARU(スバル)はバイオマス由来の合成燃料、マツダは使用済み食用油などを原料としたバイオディーゼル燃料を搭載した車両でレースに参戦する。

  また、川崎重工業ヤマハ発動機は二輪車向けの水素エンジンの共同研究の可能性について検討を開始。今後はホンダとスズキも加えた4社で二輪車の分野で内燃機関を活用したカーボンニュートラル実現への可能性を探っていく予定だという。

  トヨタの豊田章男社長は岡山国際サーキット(岡山県)で開いた記者会見で、「敵は炭素であり、内燃機関ではない」と強調。「一つの選択肢に絞るのではなく、いろんな今まで培ってきた技術をベースにした内燃機関もカーボンニュートラルに生き残り、発展させる方法があるのではないか」と続けた。

Hydrogen-powered Toyota Corolla at Super Taikyu Race
マツダの丸本社長、スバルの中村社長、トヨタの豊田社長、ヤマハ発の日髙社長、川崎重の橋本社長
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

  豊田氏は自動車工業会の会長としての立場から、カーボンニュートラル達成のためにはあらゆる選択肢を残しておくべきだと主張してきた。こういった考えから、トヨタは電気自動車(EV)だけでなく、ハイブリッド車や水素と酸素で発電して動力を得る燃料電池車(FCV)なども開発を進める全方位戦略を掲げており、EV重視の欧米勢との違いが鮮明になっている。

  トヨタは4月、水素エンジンの技術開発に取り組んでいることを明らかにし、その後は水素エンジンを搭載した車両を24時間耐久レースなどに投入してデータの収集や車両の改良を進めてきた。また、レースで使用する水素供給などを通じて、脱炭素社会を目指した仲間作りも進めている。

  会見に同席したスバルの中村知美社長は、今回の合成燃料での連携はトヨタから持ちかけられたと明らかにし、「われわれとしては選択肢を狭めない、バッテリーEVだけでなく、内燃機関を活用した道にもチャレンジしたいという思いがあり、それはトヨタと一緒」と語った。レース参戦により関連技術の開発やエンジニアの育成にもつながると考え、「すぐに賛同して一緒にやりたい」となったという。

 

関連記事
(会見内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE