コンテンツにスキップする

東芝、外国ファンドへの過度の警戒心や経産省への依存を指摘-報告書

A pedestrian walks up a flight of stairs near signage for Toshiba Corp. displayed at the company's headquarters in Tokyo, Japan, on Wednesday, April 7, 2021. Toshiba surged its daily limit of 18% after confirming it received an initial buyout offer from CVC Capital Partners, setting the stage for potentially the largest private equity-led acquisition in years.
A pedestrian walks up a flight of stairs near signage for Toshiba Corp. displayed at the company's headquarters in Tokyo, Japan, on Wednesday, April 7, 2021. Toshiba surged its daily limit of 18% after confirming it received an initial buyout offer from CVC Capital Partners, setting the stage for potentially the largest private equity-led acquisition in years. Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

東芝は圧力問題を解明するガバナンス強化委員会の調査報告書を公表し、「外国投資ファンドに対する過度の警戒心と健全な関係構築に向けた姿勢の不足、経産省に依存しすぎる姿勢」を指摘した。

  • 経産省参与らのエフィッシモなどへの直接の働き掛けは、違法なものと見ることできず、所掌事務を遂行する上での裁量の範囲を逸脱するものであったということはできない
  • 責任の所在として当時の車谷暢昭最高経営責任者(CEO)含む執行役に善管注意義務違反があったとは認められないため法的責任を問うことはできない
    • 一連の行為について、業務執行上、企業倫理に違反した点についての責任を負う
  • 再発防止に向け、以下を提言
    • 株主との健全な信頼関係の構築
    • 行政庁に過度に依存する体質の改善
    • コーポレートガバナンスの再構築
  • 関連記事:東芝は「不当な影響」で議決権妨げようと画策-経産省関与も (4)

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE