コンテンツにスキップする

マスク氏、リビアンに楽観的見方示さず-大型IPO後にツイート

  • テスラは新興企業で唯一量産達成した米自動車会社とマスク氏
  • リビアンは多数の元テスラ従業員を採用している
What’s he up to?
What’s he up to? Photographer: Pool/Getty Images Europe

米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、同業のリビアン・オートモーティブの大型新規株式公開(IPO)の後でも同社の先行きにあまり楽観的な見方を示していない。

  マスク氏は11日、リビアンが生産を拡大し、キャッシュフローをトントンにできることを期待しているとツイート。ただその上で、何百ものスタートアップ企業の中で「テスラは過去100年間で大量生産とプラスのキャッシュフローを達成した唯一の米自動車メーカーだ」と指摘した。

  R・J・スカリンジ氏率いるリビアンのIPOは今年世界最大規模となった。11日の株価22%上昇を受け、同社は時価総額で既に世界の自動車メーカー5位に浮上した。

「次のテスラ」との期待でリビアン株が大幅続伸、時価総額は11兆円超

  リビアンは米アマゾン・ドット・コム向けの電動式配送用バンや、アウトドア愛好家向けのピックアップトラックを製造。年前半に10億ドル(約1140億円)近い損失を計上した同社は、2023年終盤までに主要工場での年間生産台数が15万台に上るとの見通しを示している。

  リビアンはテスラの「モデル3」投入に関与した主要エンジニアを含め、多数の元テスラ従業員を採用している。

原題:
Musk Throws Fresh Shade at Rivian a Day After Rival’s Big IPO(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE