コンテンツにスキップする

鉄鉱石と金属相場が上昇-中国の不動産業界巡る混乱緩和に期待高まる

鉄鉱石先物は11日に下げが止まった。金属需要に打撃を与えてきた中国不動産業界の混乱緩和への期待が高まった。ロンドン金属取引所(LME)のアルミニウム相場は供給のタイト化を背景に上昇した。

  中国国営メディアは主要記事として、中国恒大集団の危機を管理する措置の可能性や、不動産業界への広範な支援策を追求する可能性について相次いで伝えた。

中国の不動産業界規制、有力証券3紙が緩和観測高める-銀行融資増

  鉄鉱石先物はシンガポール市場で5%余り値上がり。LMEのアルミ相場は3%余り上昇した。中国が引き続きエネルギー使用を抑制する中で、自由に利用可能なアルミ在庫は2005年以来の低水準となった。

Turbulence in China real-estate sector has roiled iron ore market in recent weeks
 
 

  LMEのアルミ相場は前日比3.2%高の1トン=2660ドルで終了。中国のエネルギー使用抑制策や環境汚染防止措置が支援材料となっている。亜鉛を除く他の全ての金属も上昇した。

原題:Iron Ore Rebounds With Metals on Hopes for China Property Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE