コンテンツにスキップする

ドイツ、税収予想を上方修正-次期首相候補のショルツ氏に追い風

  • 2025年までの平均税収は従来予想を350億ユーロ上回る見通し
  • ショルツ氏は12月初旬の新首相就任を目指している

ドイツでは、税収が従来予想よりも大幅に増えそうだ。次期首相候補のショルツ財務相と次期政権としては、予期せぬ形で歳入増がもたらされることになる。

GERMANY-POLITICS-PARLIAMENT
ドイツの次期首相候補、ショルツ財務相(2021年11月11日)
Source: AFP

  11日に公表された最新の政府予測によれば、2025年までの平均税収は5月時点の予想を約350億ユーロ(約4兆5800億円)上回る見通し。財務省によれば、従来予想と比較した税収増加分は合計およそ1800億ユーロに上る。

  ショルツ氏は電子メールでの声明で、「新型コロナウイルス危機にもかかわらず、ドイツは良好な状態にある」とし、「次期政権は堅実な予算・財政政策を基に前進できる」と説明した。

  税収見通しの上方修正はショルツ氏にとってはうれしい知らせだ。社会民主党(SPD)のショルツ氏は、緑の党および自由民主党(FDP)と連立政権樹立に向けた協議を行っており、12月初旬の新首相就任を目指している。

ドイツ、緑の党が正式協議入りを党会合で承認-3党連立に向け

原題:Germany Expects Stronger Tax Revenue in Boon for Incoming Leader(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE