コンテンツにスキップする

中国不動産の佳兆業、利払い行えない可能性を投資家に伝える-報道

中国の不動産開発会社、佳兆業集団は11日、社債の利払いを行えない可能性があると投資家に伝えた。国内およびオフショア市場での法的問題やクロスデフォルトの問題が理由だとしている。オンライン情報プラットフォームのリスク・イベントドリブン・アンド・ディストレスト(REDD)が報じた。

  佳兆業は投資家の問い合わせに対し、問題を整理しているところで何も確定はしていないとの通知を配布した。REDDがこの通知を引用した。通知はどの社債のクーポンについてかを明言していないという。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、佳兆業は11日に5850万ドル(約67億円)、12日に2990万ドルのクーポン支払いが期日となっている。いずれも、支払えない場合の猶予期間が30日間ある。

  ブルームバーグは11日午後に投資家向け情報提供部門に電話をしたが、応答はなかった。

  佳兆業の表面利率6.5%の12月7日償還債は香港時間午後5時20分(日本時間同6時20分)時点で、額面1ドルに対し3.1セント安の38.5セント。

原題:
Kaisa Tells Investors It May Not Make Coupon Payments: REDD(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE