コンテンツにスキップする

米政権、中国中枢探る情報網の再構築図る-決意試される中台緊張

  • 中国は一段と手ごわい標的となりつつあり、不可解さも増している
  • 中国が解体したCIA情報網の立て直しには数年を要する
relates to 米政権、中国中枢探る情報網の再構築図る-決意試される中台緊張
Photographer: Bloomberg Daybreak

バイデン米政権高官が不満を募らせている。中国共産党の習近平指導部中枢に関するトップクラスの情報がなく、中国に先んじて次の一手を打つことが難しいためだ。米国の機密情報に関する報告を検証した現・元当局者が明らかにした。

  慎重さを要する問題だとして匿名を条件に語ったこれら当局者によれば、中国は一段と手ごわい標的となりつつあり、不可解さも増している。台湾やハイテクなど多岐にわたる問題で米中は対立を深めており、習総書記(国家主席)の政策決定を洞察する必要性が大きく高まっている。

  バイデン政権だけではない。トランプ前政権もまた、香港の統制強化や南シナ海での戦力投射といった中国側の素早い動きに不意を突かれた。

  米国の情報機関は政権が求める中国に関する有益な情報を提供しようと、ずっともがき続けていると当局者は強調する。中国語に堪能な人材も恒常的に不足し、問題は根深い。一方で、中国政府は米国のスパイネットワークに大打撃を与えている。

CHINA-POLITICS
中国指導部(9月30日)
 

  トランプ政権で大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を務めたジョン・ボルトン氏はインタビューで、中国について問われた際、「われわれのヒューマンインテリジェンスは数十年遅れている」と明言。「十分な情報を手にしたと感じたことは一度もない。常により多くの情報に耳を傾ける用意があり、決して満足することはない。政策決定者は満足してはならない」と述べた。

中国の核弾頭保有、予想上回るペースで拡大-米国防総省の報告書 

  バイデン政権の外交政策が対中戦略に軸足を移す中で、バーンズ中央情報局(CIA)長官は先月、「一段と敵対的になっている中国政府」に焦点を絞るため「中国ミッションセンター」を設けると発表した。

  だがブルームバーグが取材した何人かはこうした発表はどちらかといえば象徴的なもので、信頼に足る情報を得るには予算と人員を増やす必要があると話す。CIA側はコメントを控えた。

William Burns Confirmation Hearing To Be Director Of CIA Before Senate Intelligence Committee
バーンズCIA長官
 

  外国で情報を集める協力者の確保はCIAの責務だが、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は2017年、中国政府が10人を超える米国の協力者を処刑もしくは投獄したと報道。CIAが中国で10年に始めたスパイ活動が解体されたと伝えた。

中台衝突

  バイデン政権にとって現時点での最大級の懸念は、習政権が中国の一部と見なす台湾を侵略するかどうかだ。あるいは台湾の統治下にある離島の制圧を図ろうとしているのかもしれず、いずれにせよ試されるのは民主主義の台湾を守る米国とその同盟国の決意だ。

米中軍事衝突、台湾の離島から始まるリスク-中国の「危険なゲーム」

Taiwan Holds Military Exercise
台湾軍の演習(2021年1月)
 

  ミリー米統合参謀本部議長は先週、中国が今後2年以内に台湾に武力侵攻する可能性は低いとの自らの見解をあらためて示した。中国では台湾との衝突が差し迫っているとのうわさがソーシャルメディア上で広がり、国営メディアがこうした臆測の打ち消しに動いた。

米統合参謀本部議長、中国の極超音速兵器実験「非常に懸念される」

  米ジャーマン・マーシャル財団でアジアプログラムのディレクターを務めるボニー・グレイザー氏は「台湾について習氏は相反するシグナルを送っている」と指摘。「習氏が党のエリートと一般国民、台湾側あるいは米国向けにどのシグナルを発しようと意図しているのかを解析することは難しい」と語る。

Beijing Gears Up for the Annual National People's Congress
北京の天安門広場近くに設置された監視カメラ
 

  元当局者によれば、中国によって壊されたCIAの情報網を立て直すには、協力者探しなど数年を要するプロセスが必要だ。そして、そうした取り組みはすでに恐らく行われているという。ただ中国は今、都市部の至る所に監視カメラを設置し、洗練された顔認識ソフトウエアを駆使する監視国家に変貌しつつあり、中国国内でのCIAの情報収集活動は一段と困難になっている。

  ボルトン氏の主張は、時間を経て情報ギャップが大きくなっていたとしても、今持つ手札を最大限に活用することだ。「決定を下さなければならない時が来る。完全な情報を入手することなどないだろう。折り合いをつけなければならない」と述べた。

原題:China Evades U.S. Spies Just When Biden Needs Insights Most(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE