コンテンツにスキップする

中国の習主席、冷戦に戻るなとAPEC会合で呼び掛け-米国をけん制

  • アジア太平洋地域は冷戦時代の緊張と孤立に戻ることはできない
  • 習主席はAPECのCEOサミットでビデオを通じ演説
China's President Xi Jinping arrives for the APEC CEO Summit 2018 in Port Moresby

China's President Xi Jinping arrives for the APEC CEO Summit 2018 in Port Moresby

Photographer: FAZRY ISMAIL/AFP

中国の習近平国家主席は11日、冷戦時代のように地域を分断する可能性のある緊張関係に戻ることを避けるようアジア太平洋諸国に呼び掛けた。台湾や貿易などの問題で同盟国との協調を図る米国の動きをけん制しているとみられる。

  習主席はニュージーランドが主催したアジア太平洋経済協力会議(APEC)CEOサミットでビデオを通じ演説。「イデオロギーで線引きし、小さな地政学的グループをつくることに未来はない」と指摘し、「アジア太平洋地域は冷戦時代の緊張と孤立に戻ることはできず、戻るべきでもない」と語った。

  中国は領土の一部と見なす台湾に対する軍事的威嚇を強めており、米国で懸念が強まっている。ブリンケン米国務長官は10日、台湾に対し中国が武力行使すれば同盟諸国には「行動を取る」用意があると述べた。ただ、そうした紛争に際してバイデン政権が米軍を投入する用意があるかどうかは再び明言を避けた。

米国務長官、台湾に中国が武力行使なら同盟諸国には「行動取る」用意

原題:Xi Warns APEC Leaders Against ‘Relapsing’ to Cold War Tensions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE