コンテンツにスキップする

EVメーカーのリビアン、上場初日に株価急伸-時価総額は約10兆円に

  • 時価総額でGMと肩を並べ、フォード・モーターを上回った
  • 「サプライチェーンの健全性」が最大の課題とCEO
Billboards in Times Square are reflected in the rear window of a Rivian R1T electric pickup truck during the company's IPO outside the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., 

Billboards in Times Square are reflected in the rear window of a Rivian R1T electric pickup truck during the company's IPO outside the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., 

Photographer: Bing Guan/Bloomberg

電気自動車(EV)メーカーの米リビアン・オートモーティブは、ナスダック上場初日となった10日の取引で株価が上昇し、時価総額が880億ドル(約10兆円)近くとなった。今年最大規模の新規株式公開(IPO)に対する投資家需要は強く、前回資金調達時の評価額の3倍超となった。

EVメーカーのリビアンが今年最大のIPO、119億ドル規模

  同社は時価総額でゼネラル・モーターズ(GM)と肩を並べ、フォード・モーターとEV競合ルーシッド・グループを上回った。従業員のストックオプションや制限株式を考慮に入れた完全希薄化ベースでは約980億ドル。

EV Maker Rivian Raises $11.9 Billion In Year's Biggest IPO
ナスダック・マーケットサイト付近を走行するリビアンの電動トラック(ニューヨーク、11月10日)
Bing Guan/Bloomberg

  リビアンは1月に実施した26億5000万ドル規模の資金調達ラウンドで、企業価値276億ドルと評価されていたと、ブルームバーグ・ニュースは先に報じた

  リビアンはこの日の株式市場で一時53%上昇し、時価総額1040億ドルとなる場面があった。終値はIPO価格比29%高の100.73ドル。

ブルームバーグテレビジョンとのインタビューに応じるリビアンのRJ・スカリンジCEO
Source: Bloomberg

 

  リビアンのR・J・スカリンジ最高経営責任者(CEO)はこの日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、同社は部品不足の中で生産を増やす過程にあり、「サプライチェーンの健全性」が最大の課題だと述べた。

原題:Rivian’s Trading Debut Surge Drives Value to Almost $88 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE