コンテンツにスキップする

ゴールドマン出身の公明・岡本三成氏、財務副大臣に-第2次岸田内閣

政府は11日、財務副大臣にゴールドマン・サックス証券出身で公明党の岡本三成衆院議員を起用する人事を発表した。

  岡本氏は衆院東京12区選出で当選4回。2012年の衆院選で当選した後は、外務政務官、党国土交通部会長などを歴任している。

  ウェブサイトによると、シティバンクを経て1998年からゴールドマンに勤務した。16年の取材では、在籍中に後に米大統領となるトランプ氏と会議で同席する機会があった経験を語っていた。 

  ユーチューブチャンネルでは、ゴールドマン時代に学んだこととして「勝ちに徹底的にこだわる」「多様性の価値」を挙げ、議員活動に役立っていると話している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE