コンテンツにスキップする

マッキンゼー元社員を訴追、顧客ゴールドマンの内部情報で不正利益か

  • ゴールドマンのグリーンスカイ買収情報を悪用、約45万ドル不正取得
  • マッキンゼー、「重大な違反」があったとして既に解雇
McKinsey & Company logo seen displayed on a smartphone. 

McKinsey & Company logo seen displayed on a smartphone. 

Photographer: SOPA Images/LightRocket

大手コンサルタント会社、米マッキンゼーのパートナーが発表前だった米ゴールドマン・サックス・グループのグリーンスカイ買収に関する内部情報に基づき、45万ドル(約5130万円)を超える不正利益を取得したとして、米検察当局に10日訴追された。

  検察の発表によれば、プニート・ディクシト容疑者(40)はグリーンスカイのオプション取引で不正に利益を得た疑いがあるとして証券詐欺2件の嫌疑をかけられている。同容疑者に対してはすでに米証券取引委員会(SEC)が、同様の嫌疑で民事訴訟を起こした。ゴールドマンは株式交換方式でグリーンスカイを買収する意向を9月に発表している。買収の規模は約22億4000万ドルと評価されていた。

  SECの訴状によれば、ディクシト容疑者はグリーンスカイ買収ではゴールドマン側の代理を務めていた。

  マッキンゼーは声明を発表し、ディクシト容疑者が同社のパートナーだったことを確認し、「当社の規則と行動規範に対する重大な違反」があったとして既に解雇したと説明した。ゴールドマンも声明で、「インサイダー取引の疑いについて非常に遺憾に思う。捜査に全面的に協力している」と表明した。

  SECの担当者にコメントを求めたが返答は得られていない。

原題:McKinsey Partner Charged With Insider Trades on Goldman Deal (1)

(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE