コンテンツにスキップする

グーグルがEUに敗訴-3100億円超の競争法制裁金巡る係争

更新日時
  • 競合企業を妨害したとして欧州委は17年に制裁金を科した
  • 検索エンジンはインフラ-自社サイト上の行動は自由との見解退ける

欧州連合(EU)の競争法を巡る制裁金処分に米グーグルが異議申し立てをしていた問題で、EU一般裁判所は10日、同社の主張を退ける判断を示した。

  EUの行政執行機関である欧州委員会は2017年、ショッピング検索サービスでグーグルが競合企業を妨害したとして24億ユーロ(約3140億円)の制裁金を科していた。

  裁判所は「一般的な検索エンジンはインフラに当たる」と指摘し、自社サイト上でのグーグルの行動は自由だとの見解を退けた。

  グーグルは今回の判断を精査するとの声明を電子メールで発表。その上で、17年からEUの命令を完全に順守していると主張した。  

関連記事
米グーグルに24億ユーロの制裁金-欧州委、検索結果で不当表示と判断
グーグル、EU裁判所に申し立て-欧州委決定の3130億円制裁金を不服

原題:Google Loses First Round of Fight Against $9.5 Billion EU Fines(抜粋)

(第3段落以降を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE