コンテンツにスキップする

中国テンセント、7-9月の増収率は13%-締め付け響き予想に届かず

  • 売上高は1424億元、予想平均の1454億元を下回る
  • 純利益は395億元、一部投資の売却益で予想を上回る
The Tencent Holdings Ltd. logo displayed atop the company's headquarters in Shenzhen, China.

The Tencent Holdings Ltd. logo displayed atop the company's headquarters in Shenzhen, China.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が10日発表した7-9月(第3四半期)決算は、増収率が13%と予想を下回った。中国政府のテクノロジー業界締め付けがゲームや広告などの事業に打撃を与えた。

  7-9月の売上高は1424億元(約2兆5200億円)。予想平均は1454億元だった。増収率は6四半期連続で低下し、2004年のテンセント上場以後で最も小さくなった。純利益は395億元と予想を上回った。一部投資の売却益が寄与した。

  テンセントの届け出によれば、オンライン広告の伸び率は予想を下回る5%。教育や保険、ゲーム分野が低調だった。「マクロ環境の課題と一部の重要な広告セクターに影響する規制」のため、広告料金は今後四半期は引き続き軟調だろうとの見方を示した。ゲーム収入は国内が5%増、国際事業は20%増えた。

  最も大きな成長を続けているのがフィンテック・企業サービスで、7-9月に30%伸びた。商業決済やデジタル化の進展などが追い風となった。

原題:Tencent Sales Grow at Slowest Since 2004 as Crackdown Hits (1)、Tencent’s ‘Other Gains’ Unexpectedly Double, Helping Profit Beat(抜粋)~

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE