コンテンツにスキップする

中国がユーロ建て国債発行で需要調査開始、ドル建て債に続き-関係者

  • 先月のドル建て債は需要旺盛、海外投資家の買い意欲失われていない
  • 中国は発行するユーロ債の年限を短期化-今回は3年と7年、12年物

中国はユーロ建て国債発行に向け需要調査を開始した。同国は3週間前にはドル建て国債を発行したばかり。

  中国財政省は10月29日、年限3年と7年、12年の3本立てで計40億ユーロ(約5200億円)の国債を発行する方針を示していた。事情に詳しい関係者1人が10日に匿名を条件に話した参考価格は以下の通り。

期間 参考価格(bps)
3年MS + 20
7年MS + 40
12年MS + 65

  世界の投資家は中国の国債発行に強い関心を示している。先月の中国のドル建て債券発行は需要が旺盛で、同国の不動産セクターの流動性不安をよそに海外投資家の買い意欲が失われていないことが示された。中国政府は2019年と20年にもユーロ建て債40億ユーロを発行。昨年は同国としては初めてマイナス利回りで発行した国債も含まれていた。

  中国は発行するユーロ債の年限を短期化してきている。19年発行の年限は7年債から20年債で、昨年は5年債と10年債、15年債で構成されていた。

原題:China Begins Euro Bond Sale After Strong Dollar Debt Offering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE