コンテンツにスキップする

米議員団が軍用機で台湾訪問、中国反発-さらなる対立激化も

  • 国防総省報道官が訪台確認-軍用機搭乗での訪問は「珍しくない」
  • 台湾海峡に向けて戦闘準備のパトロール実施-人民解放軍東部戦区

米連邦議会の議員団が9日、軍用機で台湾に到着した。台湾を巡る米中の対立がさらに激しくなりそうだ。

  国防総省のカービー報道官は同日、議員団の訪台を確認。軍用機搭乗での訪問は「珍しくない」と説明した。台湾の蘋果日報はこれより先に、上下両院議員が米海軍のC-40A輸送機で現地時間9日午後6時(日本時間同7時)、松山空軍基地に着陸したと報じていた。

バイデン米大統領と習主席、来週オンライン会談の予定-関係者

  一方、中国国防省は声明で、中国の内政に干渉したとして今回の議員団訪問を強く非難。共産党系の環球時報の胡錫進編集長は訪台に関して「事前に発表がなかった」とし、卑劣だとツイートした。

  また、人民解放軍東部戦区の報道官は短文投稿サイトの微博(ウェイボ)に掲載した声明で、台湾海峡に向けて戦闘準備のパトロール任務を実施したと発表。一部の国による台湾独立を支持する分裂活動を受けたものだと説明した。

原題:U.S. Lawmakers’ Visit to Taiwan Inflames Tensions With China、China PLA Conducts Patrol Mission in Direction of Taiwan Straits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE