コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのミレニアム、1.7兆円返還へ-中長期資金に乗り換え

  • 全額償還までの期間を5年に延ばしたシェアクラスで100億ドル調達
  • ミレニアムの総資産に占める中長期資金の割合は約75%に高まる
Millennium, founded by Israel “Izzy” Englander, 

Millennium, founded by Israel “Izzy” Englander, 

イジー・イングランダー氏率いるヘッジファンド運営会社ミレニアム・マネジメントは、過去最大の150億ドル(約1兆6900億円)を投資家に年末返還する計画だ。資金ベースをより安定させる大きな一歩となる。

  投資家によると、ミレニアムは2018年以降続けてきた1年で全額償還可能なシェアクラス顧客への資金返還を実行する。今回返還される資金は、大多数のヘッジファンドが現時点で運用する資産額を上回る。

  ミレニアムは同時に全額償還までの期間を5年に延ばしたシェアクラスで約100億ドルを集める。資金が戻る投資家は長めのシェアクラスへの再投資も選択できる。新たに確保する100億ドルで、ミレニアムの総資産に占める中長期資金の割合は約75%に高まる。

Izzy Englander
イジー・イングランダー氏
Source: Bloomberg

  中長期の資金を確保する手段を約10年前から探ってきたミレニアムは3年前、顧客が償還可能になるまでの期間を延長した。資金的な安定は、最新技術の導入など社内投資を行う余裕を生み、投資専門家の勧誘・つなぎ留めにつながると同社幹部はみている。同社の広報担当者はコメントを控えた。 

  ミレニアムの旗艦ファンドは1-10月の運用成績がプラス10.9%。創業から約30年にわたる安定したリターンのおかげで新たなシェアクラスを比較的容易に募集できる状況だ。

関連記事

レディット投資家と対峙のヘッジファンドに明暗、マドリックは好成績

ヘッジファンドのミレニアム、2000年以来の好成績に向かう

ヘッジファンドのミレニアム、8300億円を投資家に返還へ

原題:
Millennium Returns $15 Billion in Pursuit of Longer-Term Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE