コンテンツにスキップする

世界原油市場、来年初めまでに供給過剰に-米EIAの短期見通し

  • ガソリン小売価格は2月までに1ガロン=3ドルを下回る見通し
  • 米政権は供給拡大について引き続きOPECプラスに関与していく
Shows an oil tanker at the port of Ras al-Khair,  in Saudi Arabia, 

Shows an oil tanker at the port of Ras al-Khair,  in Saudi Arabia, 

Photographer: GIUSEPPE CACACE/AFP

米政府当局は世界の原油市場が今後、供給過剰となり、来年初めまでに原油価格は下落すると予測した。バイデン政権が戦略石油備蓄(SPR)を放出する可能性があるとの見方に水を差した形だ。

  米エネルギー情報局(EIA)が9日発表した短期エネルギー見通しによると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国や米掘削業者による来年の供給拡大で最終的に原油価格に下向き圧力がかかる見通し。米国の指標となる原油価格は12月までに1バレル=80ドルを割り込んで、来年末までには62ドルまで下がり、世界的な指標である北海ブレント原油は2022年に平均72ドルが予測されている。米ガソリン小売価格は来年2月までに1ガロン=3ドルを下回る見通し。

  EIAは「世界の原油在庫は22年に増加が始まる」と指摘。世界的な原油需要の伸び鈍化に加え、OPECと非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」と米国の増産が主因になるとした。

Supply Versus Demand

Global oil /liquids inventories are set to surpass demand next year

  ホワイトハウス当局者は9日午後、米政権がEIAの予測を精査し、原油価格が下がるとのニュースを歓迎していると明らかにした。また、SPR放出を巡り同日発表することは何もないとするとともに、供給拡大について引き続きOPECプラスに関与していくと述べた。

  EIAの見通しによると、22年に世界の原油供給は平均で日量1億142万バレルとなる一方、需要は同1億88万バレルになる見込み。

関連記事

バイデン政権は9日発表のEIA報告に注目-エネルギー長官

OPECプラス、追加増産を見送り-バイデン氏の圧力に屈さず 

米エネルギー長官、ガソリン価格は12月初旬までに下落の可能性

原題:U.S. Sees Oil Market Oversupplied by Early Next Year (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE