コンテンツにスキップする

野村がロンドンのクレジット事業縮小、少数のトレーダー削減ー関係者

Signage for Nomura Securities Co., a unit of Nomura Holdings Inc.

Signage for Nomura Securities Co., a unit of Nomura Holdings Inc.

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

野村ホールディングスはロンドンでのクレジットトレーディング事業を縮小していると、事情に詳しい関係者複数が明らかにした。同社では今年、アルケゴス・キャピタル・マネジメントのポジション破綻で多額の損失が発生した。

  野村のロンドン部門は投資適格級および新興市場国の社債とローンの取引から手を引く方針で、この過程で少数のクレジットトレーダーが職を失ったという。

  29億ドル(現在の為替レートで約3270億円)規模の損失につながったアルケゴス問題を受け、野村の経営陣は事業を抜本的に見直している。同社は先月下旬、米国での訴訟事案に関連した引当金3億4100万ドルを明らかにし、投資家の不安を増幅させた。株価は年初から7%下げ、2桁台の上昇率を記録している欧米のライバル陣と対照的。

  野村のロンドン在勤広報担当、サイモン・ダナハー氏はコメントを控えた。 

関連記事

野村HD株が11カ月ぶり安値、米国訴訟事案で7ー9月の純利益9割減

野村、米欧キャッシュ・プライムブローカレッジから撤退-関係者 (1)

Views of Nomura and Daiwa Securities Ahead of Earnings Announcement
 
Source: Bloomberg

原題:Nomura Cuts Traders as Part of Pullback From European Credit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE