コンテンツにスキップする

中国不動産の花様年、10日からの同社株の取引再開申請-社債不履行後

Fantasia Holdings Group's signage atop the company's headquarters in Shenzhen, China, 

Fantasia Holdings Group's signage atop the company's headquarters in Shenzhen, China, 

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国の不動産開発会社、花様年控股集団(ファンタジア・ホールディングス・グループ)は、10日からの同社株式の取引再開を申請したと明らかにした。

  花様年の株式は9月29日から売買が停止されていた。

  花様年は届け出で「流動性問題の緩和措置を引き続き実行する」と表明。同社は債権者と活発に交渉し、財務や法律のアドバイザーと協力して取り組んでいる。

  同社は10月4日が期限だった社債を償還できなかったことをこれまでに明らかにしている。届け出では、この社債以外に未払いとなっている社債や融資はないと説明。社債については、自社で保証している分を含めて未払い分はないとしている。

関連記事

中国不動産の花様年、4日期限の社債償還できず-2億ドル超相当

中国・花様年の格下げ相次ぐ、フィッチとS&Pは「一部デフォルト」

花様年でも償還できない、中国不動産業界の特権層にも改革及ぶ可能性

原題:
Fantasia Holdings Applies to Resume Trading From Nov. 10 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE