コンテンツにスキップする

ソニー570億円出資-TSMCが熊本に8000億円規模の半導体工場

更新日時
  • ソニーの出資比率は全体の20%未満、政府の支援受け入れも検討
  • 2022年に着工し24年末の生産開始目指す、月間生産能力4万5000枚
The Sony Corp. logo is displayed atop the company's headquarters in Tokyo, Japan.

The Sony Corp. logo is displayed atop the company's headquarters in Tokyo, Japan.

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

ソニーグループは9日夜、台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県に建設する半導体受託生産会社に約5億ドル(約570億円)を出資すると発表した。出資比率は20%未満となる予定。

  当初の設備投資額は約70億ドル(約8000億円)となる見込み。先端技術を扱う新工場では約1500人の雇用を創出、月間生産能力は4万5000枚(300ミリメートルウエハー換算)となる見通し。2022年に建設を開始し、24年末の生産開始を目指す。

Sony Corp. CEO Kenichiro Yoshida Speaks at the Company's Technology Day
ソニーグループ
Source: Bloomberg

  新設する工場については、先行する世界の主要メーカーから後れを取る最先端の半導体生産で、挽回を目指す日本政府から支援を受ける前提で検討している。

  萩生田光一経済産業相は10日の閣議後会見で、半導体を安定的に調達することは国内の経済安全保障のためにも重要だとし、先端半導体の基板確保で他国に匹敵する措置を講じるべく「必要な予算の確保と枠組みをすみやかに構築したい」と述べた。

  シティグループ証券の江沢厚太アナリストは9日付のリポートで、事業拡大につながる新生産能力の獲得自体は「ポジティブ」とした一方、出資という新たなコストとリスクを背負ったことで「総合的にビジネスの条件が悪化するリスクもある」と指摘した。 

  ソニーGの十時裕樹最高財務責任者(CFO)は10月28日の決算会見で、同社が強みとする画像センサーに欠かせない半導体部品であるロジックウエハーの「安定調達は重要課題」だと指摘。TSMCや経済産業省と協議し、新工場立ち上げに協力し、調達先に加えることを検討していると述べていた。

  10日のソニーGの株価は小幅高で始まったものの、前日比0.3%安の1万3815円で午前の取引を終えた。

(萩生田経産相のコメントを追加して記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE