コンテンツにスキップする

ドイツZEW景気期待指数、11月は予想外の上昇-6カ月ぶりの改善

  • 11月の景気期待指数、31.7-前月は22.3だった
  • 22年1-3月の成長が再び上向くと見込んでいる-ZEW所長

ドイツ経済に対する投資家の信頼感は今月、予想外の改善となった。サプライチェーンの目詰まりが解消すれば、独経済が世界的な景気回復の追い風を受けるとの期待が背景だ。

  ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)が9日発表した11月の景気期待指数は31.7と、前月の22.3から上昇した。前月比での改善は6カ月ぶりだった。一方、現状指数は低下した。

11月のドイツZEW調査:景況感指数(表)

  ZEWのバンバッハ所長は「原材料と中間財の供給問題、さらにインフレ加速が今四半期の景気動向に悪影響を及ぼすと専門家はみている」と指摘。その上で「2022年1ー3月(第1四半期)については成長が再び上向くと見込んでいる」と述べた。

原題:German Investor Confidence Unexpectedly Jumped in November

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE