コンテンツにスキップする

中国、ネットの「インフルエンサー」通じた証券顧客勧誘を禁止

  • ライブストリーミングを通じた投資の推奨も禁止される
  • 中国は金融リスクを制限するため広範な経済統制を強化
BEIJING, CHINA - NOVEMBER 16: A sign of the China Securities Regulatory Commission (CSRC) is seen at its headquarters on November 16, 2020 in Beijing, China. (Photo by VCG/VCG via Getty Images)
BEIJING, CHINA - NOVEMBER 16: A sign of the China Securities Regulatory Commission (CSRC) is seen at its headquarters on November 16, 2020 in Beijing, China. (Photo by VCG/VCG via Getty Images) Photographer: VCG/Visual China Group

中国証券監督管理委員会(証監会)は国内の証券会社が新規顧客を呼び込むため、ソーシャルメディアへの投稿を通じ多くのファンを持つ「インフルエンサー」を雇うことを禁じた。

  ブルームバーグ・ニュースが確認した10月29日付の通知によれば、証監会は証券各社に対しブローカー資格のないインフルエンサーと協力して顧客を獲得することを今後認めないと伝えた。ライブストリーミングを通じた投資の推奨も禁止される。

  証監会は証券会社のスタッフがウェブキャストで経済や市場についてコメントする際には客観性と専門性を維持し、「センセーショナルな言葉遣い」や「風変わりな服装」を用いて注目を集めることを控えるよう指示した。

中国、自国経済に有害なコンテンツ一掃へ-ネットで2カ月取り締まり

  中国当局は経済と社会の「持続可能で健全な発展」を促進するため、「良性」のオンライン環境を育む取り組みを進めている。金融リスクを制限するために、フィンテック企業のプラットフォームから不動産開発会社に至るあらゆる対象を取り締まり、広範な経済統制を強化している。

関連記事:

  証監会にコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

原題:China Bans Brokers From Hiring Influencers, Live Streaming (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE