コンテンツにスキップする

ウォール街は気候変動リスクの開示に備える必要、来年までに-OCC

  • スー長官代行が気候変動リスク開示を巡る規制の在り方について講演
  • OCCは来月末までに気候変動に関するより正式な指針を公表する
NEW YORK, NY - The New York Stock Exchange building is seen along Wall Street  in New York City.  (Photo by Stephanie Keith/Getty Images)

NEW YORK, NY - The New York Stock Exchange building is seen along Wall Street  in New York City.  (Photo by Stephanie Keith/Getty Images)

Photographer: Stephanie Keith/Getty Images North America

米通貨監督庁(OCC)のマイケル・スー長官代行は8日、気候変動関連のエクスポージャーに関連し、ウォール街の金融機関は来年までに重要な質問に答える準備を整える必要があると語った。

  スー長官代行は、米銀が直面する気候変動リスクの開示を巡る規制の在り方について講演し、「残された時間は少ない。損害を伴う異常気象事象の増加との闘いだ」と述べた。

  長官代行は、米銀の気候変動へのエクスポージャーやデータインフラの脆弱(ぜいじゃく)性について、経営幹部を厳しく追及するよう取締役会に促す一方、どのような情報開示を具体的に金融機関に義務付けるかは、引き続き検討中だと説明。OCCが来月末までに気候変動に関するより正式な指針を公表する予定だと明らかにした。

原題:
U.S. Banks Must Disclose Climate Threats By Next Year, OCC Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE