コンテンツにスキップする

テスラ株、一時8カ月ぶり大幅安-マスク氏保有210億ドル分売却に賛意

更新日時
  • 売却は発行済み株式の2%未満で評価額は約210億ドルとなる見通し
  • 浮動株の増加は1.5-2%で実際には大きな変化はないとの見方も

8日の米株市場で、米電気自動車(EV)メーカー、テスラの株価が一時約8カ月ぶりの大幅安となった。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が保有するテスラ株の10%売却の賛否をツイッターで問い、賛成多数で支持された。

  マスク氏は「どちらの結果でも受け入れる用意があった」としていたが、参加したユーザー約350万人のうち約58%が賛成した。マスク氏の保有株数(1億7050万株)を前提とすれば、売却する株式は発行済み株式の2%未満で、評価額は約210億ドル(約2兆3800億円)となる見通し。

  テスラの株価は一時7.3%急落し、3月5日以来の下落率を記録。その後戻したが、4.8%安の1162・94ドルで取引を終えた。同社株の年初来5日までの上昇率は73%と、S&P500種株価指数の25%をなお大きく上回る。

  ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は電話取材に対し、「10%の売却に伴うフロート(浮動株)の増加は恐らく1.5-2%となり実際に大きな変化をもたらすことはない。彼がこうすることで、間違いなくダメージを和らげ、認知にも寄与すると思う」と指摘した。

relates to テスラ株、一時8カ月ぶり大幅安-マスク氏保有210億ドル分売却に賛意
ツイッターのユーザーによる投票結果
 

 

 
出典:ブルームバーグ
 
出典:ブルームバーグ

 

原題:Tesla Slumps as Twitter Users Back Musk Selling 10% of Stake (2)、Tesla Twitter Poll Gets Split Reaction From Street: Street Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE