コンテンツにスキップする

TSMCが半導体供給巡る米の質問状に回答、顧客固有情報伏せる

更新日時
  • 米商務省、在庫や受注残のほか各製品の上位顧客情報も提供要請
  • 韓国のテクノロジー企業は一部データを米国に提供へ-企画財政省
Logo at the Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. headquarters in Hsinchu, Taiwan.

Logo at the Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. headquarters in Hsinchu, Taiwan.

Photographer: Billy H.C. Kwok/Bloomberg

台湾積体電路製造(TSMC)は、世界的な半導体不足への対応でサプライチェーン関連情報を求めた米商務省の質問状に、顧客の固有情報を伏せた形で回答した。同社広報が7日明らかにした。

  TSMCは「通常通り顧客機密の保護」に引き続きコミットしていると、広報担当のニナ・カオ氏がブルームバーグ・ニュースに対し電子メールで説明した。

  米商務省は今年9月、半導体サプライチェーン企業に対し、半導体不足の関連情報を尋ねる質問状に11月8日までに回答するよう求めた。回答は任意だが、レモンド商務長官は回答がない場合には国防生産法や他の手段を発動して行動を強いる可能性があると業界代表らに警告していた。

  質問状は、在庫や受注残、納期、調達慣行、増産のための対応などについて半導体メーカーにコメントを求めるもので、商務省は各製品の上位顧客に関する情報も要請していた。これを受けて台湾と韓国では、米国が企業秘密を差し出すよう要求しているとの警戒感が浮上。また、中国では、米国が中国企業を制裁するためTSMCなどの提供する資料を使う可能性があるとの懸念も出ている。

   韓国の企画財政省は7日、国内テクノロジー企業が半導体関連の一部データを米国に提供すると明らかにした。地元メディアは、韓国企業は情報要請に「部分的に応じる」だけになるという。

  TSMCと韓国のサムスン電子は半導体受託生産で世界の2大企業で、自動車など幅広い分野に製品を供給している。

世界の主要半導体企業、米政権の供給対策に反発-質問状の対応に苦慮

原題:TSMC Withholds Customer-Specific Data in Answering U.S. Request(抜粋)

(質問状の内容や韓国の発表などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE