コンテンツにスキップする

中国、来年1月のRCEP発効時に関税引き下げる用意-商務省

中国商務省は6日、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定が来年1月1日に発効する際、関税を引き下げる用意があると声明で発表した。

  声明によれば、中国はRCEP協定が東アジアの経済統合を大きく改善させ、できるだけ早期に同協定が完全実施されることを望んでいる。RCEPは域内の回復を促進し、サプライチェーンを統合するとともに、経済発展を促す可能性があるとしている。

原題:
China Says It’s Ready To Cut Tariffs When RCEP Goes Into Effect(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE