コンテンツにスキップする

米バークシャーの自社株買い続く-7~9月は営業利益18%増

  • 9月末から10月27日まで少なくとも17億ドルの自社株買い-届け出
  • バークシャーの手元資金は9月末時点で過去最大の1492億ドル

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイはここ数年、アップル株への投資より多くの資金を自社株買いに投じている。

  バークシャーは3年余り前の方針変更以来、約510億ドル(約5兆7800億円)を自社株買いに充てた。バークシャー最大の投資先はアップル株だが、入手可能な最近のデータによれば、バークシャーが2016年にアップル株の買い増しを始めてから20年末までに同社株購入に投じた資金は310億ドルにすぎない。

  バークシャーは6日の届け出で、9月末から10月27日まで少なくとも17億ドルの自社株買いを行ったことも開示した。

Berkshire's Elephant

Buffett's company has piled more than $51 billion into stock buybacks

Source: Company filings

  バークシャーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるバフェット氏は長年にわたり、自社株買いより大型買収や他社への投資を重視してきた。だが、バークシャーは18年に自社株買い戻しの上限を撤廃。バフェット氏とチャーリー・マンガー副会長に株主還元を進める大きな裁量を付与した。

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のマシュー・パラゾラ、カイリー・トービン両アナリストは「企業のバリュエーション上昇に伴いバフェット氏が魅力的と感じ得る投資案件が一段と少なくなっており、同氏の保守的な姿勢が大規模な自社株買いで示されている」と指摘した。

  バークシャーの手元資金は9月末時点で過去最大の1492億ドル。同社が6日発表した7-9月(第3四半期)決算では、営業利益が前年同期比18%増加。鉄道事業が記録的な利益となり、エネルギー事業も好調で、保険事業グループでのハリケーン「アイダ」といった災害などに伴う引受損失を補った。

原題:
Buffett’s Berkshire Appetite Surpasses Cash Spent on Apple Stock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE