コンテンツにスキップする

アップルが元テスラのエンジニアを採用-自動運転車プロジェクト強化

アップルは電気自動車(EV)メーカー、テスラでエンジニアを務めていたCJ・ムーア氏を自動運転車開発プロジェクトのチームに採用した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、アップルは同プロジェクトの陣容を強化する。

  ムーア氏はソフトウエアを担当し、やはりテスラから昨年末に移籍した元同社幹部のスチュワート・バウアーズ氏の直属の部下となる。アップルはコメントを控えた。

  ムーア氏を巡っては、カリフォルニア州車両管理局(DMV)が同氏との面談の内容を基に、テスラの自動運転支援システム「オートパイロット」の性能についてイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の説明に誇張があったと推測するに至った経緯がある。

関連記事

原題:Apple Hires Tesla’s Autopilot Software Director for Car Effort(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE