コンテンツにスキップする

米下院、インフラ投資法案を採決へ-税制・支出法案は先送り

ペロシ米下院議長は5500億ドル(約62兆3500億円)規模のインフラ投資法案について、5日に下院で採決することを決めた。一方、1兆7500億ドルを超える規模の税制・支出計画の法案については採決を先送りした。

  税制・支出法案を巡っては、下院民主党内で意見が一致しておらず、採決が1週間の休会後にずれ込む可能性がある。下院はその代わり、同法案を本会議審議に進めるための手続き上の採決を5日行う。

  ホイヤー民主党下院院内総務は、バイデン大統領の経済優先政策を盛り込んだ同法案が今月末の感謝祭前には議会を通過するとの見方を示した。

原題:Pelosi Pushes for Infrastructure Vote as Biden Plan Delayed (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE