コンテンツにスキップする

【米国市況】株またも最高値更新、景気回復に期待-国債利回りは低下

NFT.NYC signage outside the Nasdaq MarketSite during the Annual Non-Fungible Token (NFT) Event in New York, U.S., on Tuesday, Nov. 2, 2021. 

NFT.NYC signage outside the Nasdaq MarketSite during the Annual Non-Fungible Token (NFT) Event in New York, U.S., on Tuesday, Nov. 2, 2021. 

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

5日の米株式相場は上昇。主要株価指数がそろって最高値を更新した。堅調な米雇用統計を受けて、景気回復の恩恵を受けるとみられる銘柄が買われた。ファイザーが開発した新型コロナウイルス感染経口薬の臨床試験結果も好感された。

米雇用者数、予想上回る53.1万人増に加速-失業率4.6%に低下 

ファイザー、米でコロナ治療薬の緊急使用申請へ-「圧倒的効果」 

  • 米国株はナスダック100が10連騰-S&Pは週間で5週続伸
  • 米国債は上昇、10年債利回り1.45%に低下
  • ドル指数は下落、円は買われ1ドル=113円台前半
  • NY原油は反発、サウジが輸出向け販売価格引き上げ
  • NY金先物は続伸、米国債利回り低下で代替需要

  S&P500種株価指数は週間ベースで昨年8月以来最長の5週連続上昇。資本財や商品関連がテクノロジーよりも堅調だったが、ハイテク中心のナスダック100指数はなお10営業日続伸した。航空やクルーズ船運航関連、ホテル、小型株も値上がり。

  ファイザーは新型コロナ経口薬に関するデータを今月25日の感謝祭の祝日までに米当局に提出することを目指していると、アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンに話した。

  S&P500種は前日比0.4%高の4697.53。ダウ工業株30種平均は203.72ドル(0.6%)高の36327.95ドル。ナスダック総合指数は0.2%上昇。

  ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズの調査ディレクター、マット・ペロン氏は「力強い雇用統計は、新型コロナのデルタ変異株感染を主因とした雇用減速が実際に一時的だったことを示唆する歓迎すべきものだ。景気拡大に向けて良い前兆となる。景気拡大は今後数カ月続く見通しで、企業業績や景気敏感セクターを押し上げるだろう」と述べた。

  雇用統計は予想より強かったが、米国債相場は上昇。ショートカバーが入ったとの見方と整合的だ。ニューヨーク時間午後4時31分現在、10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.45%。一時は9月27日以来初めて1.45%を割り込んだ。

S&P 500 climbs for a seventh consecutive trading session
S&P500種株価指数の推移
出所:ブルームバーグ

  外国為替市場ではドル指数が低下。雇用統計を受けて一時は上昇していたが、米国債利回りの低下につられる格好となった。ドルは主要10通貨に対しては高安まちまち。この日は円の上げが目立った。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。ニューヨーク時間午後4時32分現在、ドルは対円で0.4%安の1ドル=113円35銭。ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.1569ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反発。週間ベースの下げを一部埋めた。サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが輸出向け原油の公式販売価格を引き上げたことを手掛かりに、取引終盤に上昇が加速した。市場は米国が戦略石油備蓄(SPR)の放出を決める可能性にも注目している。

バイデン米大統領、戦略石油備蓄の放出「検討」-エネルギー長官

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は前日比2.46ドル(3.1%)高の1バレル=81.27ドルで終了。一方、週間ベースでは2.8%安となった。ロンドンICEの北海ブレント1月限は2.20ドル高の82.74ドル。  

Crude rose, paring weekly losses, as investors mulled over straining supplies
WTI原油先物(白)とICE北海ブレント先物(青)
出所:ブルームバーグ

  ニューヨーク金先物相場は続伸。米雇用統計発表後に米国債利回りが低下し、代替投資としての需要が高まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比1.3%高の1オンス=1816.80ドルで終了。週間ベースでも1.8%高とプラスで終えた。

原題:Reopening Trade Fuels Stock Gains; Yields Tumble: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Hold Post-Payrolls Gains; Upside 10Y Options Popular(抜粋)

Dollar Slides, 10-Year Yields Dips to Month Low: Inside G-10(抜粋)

Oil Fell a Second Week as U.S. and Saudi Arabia Spar Over Prices(抜粋)

Gold Climbs After U.S. Jobs Growth Outpaces Expectations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE