コンテンツにスキップする

英国の賃金上昇、欧米より速い公算大-中銀チーフエコノミストが指摘

  • 英国が最初に利上げする可能性、ピル氏の発言は根拠の説明に
  • 英中銀は賃金上昇がインフレスパイラル招く事態を避けたい考え

イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏は、英国の賃金上昇ペースは米国とユーロ圏を上回る公算が大きいとの見方を示した。

  同氏の発言は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以降で英国が主要経済地域のうち最初に利上げするかもしれない根拠を説明している。

イングランド銀、政策金利据え置き-ベイリー総裁は市場予想に警告

  ピル氏は5日、実業界の幹部らに対し「米国とユーロ圏における基調的な賃金の上昇は、コロナ前と同じかそれを下回る水準で推移している」と述べた上で、「英国ではコロナ前の水準を上回り始めており、さらに上昇傾向が続いている」と指摘した。

  労働市場の需給は引き締まり、これが続けば賃金上昇圧力を増すことになるだろうとピル氏は発言。賃金上昇が経済全体の物価上昇をもたらすインフレスパイラルを招く事態を英中銀は避けたい考えだ。ピル氏は総合インフレ率と特定の業界の賃金動向に英中銀が注視しているとしつつ、インフレを加速させている要素の大半は「一過性」だと語った。

利上げ封印はしない、労働市場の証拠がさらに必要-英中銀総裁

Price Risk

The BOE raised its near-term inflation forecasts, sees higher peak

Source: Bank of England Monetary Policy Report

 

原題:BOE’s Pill Offers Reason Why U.K. May Beat Fed to Raising Rates(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE