コンテンツにスキップする

ファイザー、米でコロナ治療薬の緊急使用申請へ-「圧倒的効果」

更新日時
  • 患者の入院・死亡を89%減らしたとの臨床試験結果を発表
  • コロナ治療薬の開発競争過熱、米メルクは経口薬の使用許可待ち

ファイザーは5日、同社が開発中の新型コロナウイルス感染症の治療薬が高リスク患者の入院・死亡を89%減らしたとする臨床試験結果を発表した。コロナの治療方法とパンデミック(世界的大流行)の方向性を大きく変える可能性がある。この発表でファイザーの株価は急騰した。

  発表資料によると、「圧倒的な効果」が示されたため臨床試験での新規患者受け入れを停止した。アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、緊急使用許可を得るため米食品医薬品局(FDA)に今月25日の感謝祭までにデータを提出する方針を明らかにした。

ブルームバーグTVのインタビューで語るブーラCEO
Markets: The Close.”

  発症初期段階のコロナ治療に有望な新薬候補では2つ目となる。米メルクとパートナーの米リッジバック・バイオセラピューティクスも先月、コロナ経口薬「モルヌピラビル」の緊急使用許可を米食品医薬品局(FDA)に申請。この薬は軽度から中等度のコロナ患者の重症化や死亡のリスクを半減させることが臨床試験で示された。

メルク、米当局に経口薬モルヌピラビルの緊急使用を申請-コロナ治療

  ファイザーの株価は5日の取引で一時11.3%上昇した後、10.9%高で終了した。

  最初の症状が現れた際に自宅で服用できるコロナ薬の実用化は、世界的なコロナ禍との闘いで重要な手段となるが、幅広く入手可能になることが前提。ファイザーの広報担当によると、FDAに許可を求めた後、間もなく他の当局にも申請を行う予定という。

  ファイザーのコロナ薬の試験はワクチン未接種の成人1219人が対象。症状が現れてから3日ないし5日以内に服用を開始したところ、5日間の治療で入院率が劇的に低下した。

  発症から3日以内に服用を開始した患者のうち、入院に至ったのはわずか0.8%で死者はいなかった。一方、同じ期間にプラセボ(偽薬)を服用した患者の7%はその後、入院あるいは死亡した。発症後5日以内に治療を開始した場合も同様の結果が得られた。今回の結果は医学誌上で公表されていないが、ファイザーによれば、統計的な有意性は非常に高かった。

原題:Pfizer to Seek U.S. Nod for Covid Pill After Strong Results (2)Pfizer Soars After Covid-19 Pill Shows Strong Results in StudyPfizer to Submit Covid Pill for Authorization by Thanksgiving(抜粋)

(CEOインタビューと株価終値を加え更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE