コンテンツにスキップする

任天堂株が反発、年末商戦に向けてスイッチの勢い改善に期待も

The Nintendo Switch -- OLED Model (Bloomberg / Jason Schreier)
The Nintendo Switch -- OLED Model (Bloomberg / Jason Schreier)

任天堂株は、朝安の後切り返し、一時前日比1.4%高の4万9830円を付けた。家庭用ゲーム機「スイッチ」の今期(2022年3月期)販売目標を2400万台(従来2550万台)に引き下げる一方、ソフト販売の好調などを理由に、通期の営業利益予想を上方修正した。

  SMBC日興証券の前田栄二アナリストは4日付のリポートで、同社が上方修正したことは「短期的な懸念払拭につながる」と指摘。スイッチの供給面に懸念は残るが、年末商戦に向けた大型タイトルの投入で10-12月期以降のスイッチビジネスの勢いは改善に向かうとみる。

  また、株価水準面から新規投資を考える局面との見方もあった。みずほ証券の小山武史アナリストは4日付メモで、主力自社タイトルの投入加速で10-12月期からの営業増益への復帰と期待を変える必要はないと指摘。そろそろエントリーを考えてもよいとコメントした。

  一方、三菱UFJモルガン・スタンレー証券のアナリスト、村上宏俊氏は4日付のリポートで、通期営業利益計画を増額したものの、市場予想を下回る内容で株価にはネガティブと指摘した。

  任天堂は4日、スイッチの好調なソフト販売や為替レートの見直しが寄与するとして今期の連結営業利益予想(従来5000億円)を5200億円に上方修正した。ブルームバーグが集計したアナリスト16人の予想平均6101億円は下回った。半面、スイッチのソフト販売目標は2億本(同1億9000万本)に上方修正した。

任天堂、今期スイッチ販売目標2400万台に削減-営業益予想は増額 (3)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE