コンテンツにスキップする

テスラ株急騰、平均目標株価との差がかつてない水準に拡大

  • 年初来の上昇率は75%近く、10月だけで4割超の高騰
  • アナリストの目標株価の平均は764ドル-ブルームバーグのデータ
The Oak Ranch mobile home gated community in Del Valle, Texas, U.S., on Monday, Nov. 1, 2021. 

The Oak Ranch mobile home gated community in Del Valle, Texas, U.S., on Monday, Nov. 1, 2021. 

Photographer: Sergio Flores/Bloomberg

電気自動車(EV)メーカー、米テスラ株の驚異的な上昇を受けて、ウォール街のアナリストの目標株価との開きが現在、かつてない水準に広がっている。

  飽くことがないかのような投資家の買い意欲を背景に、テスラ株は4日には一時2.4%高の1243.49ドルを付けた。年初来の上昇率は75%近い。一部アナリストは最近、目標株価を引き上げてはいるが、テスラ株上昇の勢いには到底追い付いていないことが分かる。ブルームバーグのまとめによれば、アナリストの目標株価は平均764ドル。 

Analysts' price targets left in dust as Tesla shares go supersonic
出典:ブルームバーグ
 

  テスラ株は5月の安値から上昇基調が続いており、10月は7-9月(第3四半期)決算と出荷台数、さらに米レンタカー会社ハーツ・グローバル・ホールディングスからの10万台発注という好材料を得て、40%を超える急伸となった。   

レンタカーのハーツがテスラ車10万台注文、電気自動車で過去最大

  ブランキ・シャイン・ウェルスマネジメントの最高投資責任者(CIO)、ロバート・シャイン氏は3日の電話インタビューで、「ハーツの注文にウォール街はすっかり驚かされた。これで、テスラにとって完全にアドレス可能な市場が突然広がった」と語った。同社はテスラ株を保有するが、シャイン氏は詳細については言及しなかった。

原題:Tesla’s Breakneck Rally Opens Biggest-Ever Chasm With Analysts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE