コンテンツにスキップする

ニューヨーク次期市長、ビットコインで給与を受け取ると表明

  • アダムズ氏、仮想通貨フレンドリーなNY目指す-2日の選挙で当選
  • マイアミに対抗できる仮想通貨都市に、シティーコイン導入に意欲

2日のニューヨーク市長選挙で当選を果たしたエリック・アダムズ氏は、来年1月の就任後には最初3回分の給与を暗号資産(仮想通貨)ビットコインで受け取る意向だと明らかにした。

  アダムズ次期市長は「ニューヨーク市は仮想通貨など成長著しい革新的産業の中心になる」とツイッターに投稿した。

  アダムズ氏(民主党)はかねて、ニューヨーク市を仮想通貨フレンドリーな都市にしたいと述べており、フロリダ州マイアミにならってNYCコインの導入を検討したいとの考えを示してきた。マイアミは他市に先駆けてシティーコインと呼ばれる仮想通貨を導入している。

NY市も仮想通貨の導入探る、アダムズ次期市長-マイアミと競う

Voters Cast Ballots In NYC Democratic Mayoral Primary Election
エリック・アダムズ氏(2021年6月22日)
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  アダムズ氏は3日に行われたブルームバーグラジオとのインタビューで、「ニューヨークでビットコインと仮想通貨の成長を阻害している要因」に対処したいと述べた。

原題:NYC Mayor-Elect Eric Adams Says He’ll Take Paycheck in Bitcoin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE