コンテンツにスキップする

UBS、マネジングディレクター以上の職位を廃止-簡素化の一環

  • 地域別グループ責任者などはいずれもマネジングディレクターに
  • 新たな役職名に伴う職務内容の変更はない-UBS
Illuminated UBS Group AG logos outside the company's headquarters in Zurich, Switzerland.

Illuminated UBS Group AG logos outside the company's headquarters in Zurich, Switzerland.

Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

スイスのUBSグループは、簡素化とコスト削減の一環として幹部レベルの多数の職位を廃止する。

  行内文書によれば、来年1月1日付でマネジングディレクターより上位職の階級を廃止する。ブルームバーグが同文書を確認した。グループマネジングディレクターや部門別副責任者、地域別グループ責任者といった役職はいずれもマネジングディレクターとして一括されるという。

  UBSの役職廃止についてはロイター通信がこれより先に報じていた。UBSの文書によれば、新たな役職名に伴う職務内容の変更はない。

原題:UBS to Ax Ranks Above Managing Director in Streamlining Drive

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE