コンテンツにスキップする

ソシエテ、7-9月は純利益ほぼ倍増-株式トレーディングや助言好調

  • 株式・デリバティブトレーディング収入、前年同期比で53%増
  • 12月1日付でクレール・デュマ氏が最高財務責任者に、ウデア氏直属

フランスの銀行、ソシエテ・ジェネラルが4日発表した7ー9月(第3四半期)決算は株式トレーディングが一段と回復し、競合行を上回る増収を達成した。昨年は大幅な赤字となったが、フレデリック・ウデア最高経営責任者(CEO)のてこ入れが好決算につながった。

  7ー9月期は大半の事業で業績がアナリスト予想を上回った。株式・デリバティブ(金融派生商品)のトレーディング収入は前年同期比で53%増、ファイナンス・アドバイザリーは過去最高の収入となった。一方で貸倒引当金は減少。純利益は前年同期比でほぼ倍増した。債券トレーディングの業績は競合行を下回った。

Opening Day of the St Petersburg International Economic Forum 2019
フレデリック・ウデア最高経営責任者
Source: Bloomberg

 

 

  ウデアCEOは株式業務の幹部を刷新、ファイナンス・アドバイザリー業務を強化し、フランス国内のリテール業務の統合を進めている。こうした取り組みが奏功し、同行の株価は今年に入り欧州銀行の中で傑出した回復ぶりを示している。

  4日午前のパリ株式市場で同行の株価は一時4.8%高の30.83ユーロまで買い進まれた。

ソシエテ・ジェネラル:3Q純利益、市場予想上回る

主な業績(単位:100万ユーロ)3Q213Q20前年同期比予想
株式・プライムサービス収入81453153%647
債券・為替収入380569-33%460
仏国内リテールバンキング収入1,9761,8367.6%1,857
国外リテールバンキング・金融サービス収入2,1071,89111%1,945
リスクコスト196518-62%326
純利益1,60186286%1,057

 

  同行はまた、12月1日付でクレール・デュマ氏が最高財務責任者(CFO)に就くと発表した。デュマ氏はウデアCEO直属の部下になる。1998年に入行したデュマ氏は17年から副最高経営責任者(CEO)を務め、リテール・金融サービス業務を監督している。

 

relates to ソシエテ、7-9月は純利益ほぼ倍増-株式トレーディングや助言好調
クレール・デュマ氏
 

原題:SocGen Beats as Equities Extend Rebound, Provisions Decline (2)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE