コンテンツにスキップする

クレディSの7-9月減益、今四半期赤字見込み-新戦略発表

Credit Suisse Group AG

Credit Suisse Group AG

Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

スイスの銀行クレディ・スイス・グループの7-9月(第3四半期)は前年同期比21%の減益となった。10-12月(第4四半期)は赤字となる見通しを示した。同行はリスク抑制と成長事業の強化を目指した新戦略も発表した。

  4日の決算発表によると、第3四半期にはモザンビークでの資金調達スキャンダルを巡る捜査決着やその他の法務費用の引き当てで2億3000万ドル(約260億円)の特別費用を計上した。第4四半期は2000年に行った買収に関するのれん代について投資銀行部門で16億スイス・フラン(約2000億円)を償却する予定のため赤字になる見通しだという。

  第3四半期の収入は合併ブームの中で前年同期比ほぼ3倍になった助言手数料が寄与して増加した。

  同行はウェルスマネジメント部門再編と投資銀行部門のリスク圧縮を含む新戦略を発表した。

原題:
Credit Suisse Posts Lower Profit, Signals Loss Next Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE