コンテンツにスキップする

パウエル議長、辞任した地区連銀総裁2人は証券取引で倫理規定に違反

  • 不適切と見受けられそうな株取引を禁じる米金融当局の規定に抵触
  • 金融当局は10月、高官による個別株式・債券購入を禁止する規定発表
U.S. Federal Reserve Chairman Jerome Powell
U.S. Federal Reserve Chairman Jerome Powell

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は3日、証券取引を巡って批判を受けた地区連銀総裁2人について、特定のガイドラインに違反していなくても、不適切と見受けられそうな株取引を禁じる米金融当局の規定に違反したと指摘した。この2人は相次いで辞任している。

ダラス連銀総裁が辞任表明、ボストン連銀総裁に続き-タカ派の2人

  パウエル議長は記者会見で「こうした問題を想定していなかった」と述べた。

  米金融当局は10月、高官が個別の株式と債券を購入することを禁止するほか、積極的な金融取引を制限すると発表した。パウエル議長は規定改定について、当局者が「連邦準備制度の公的な使命にひたむきに取り組んでいること」を示す上で必要だと語った。

米金融当局、高官による個別株・債券購入禁止-批判受け規定改定 (1)

関連記事

イエレン氏、FRB高官の金融取引規制でパウエル議長の対応を評価

ウォーレン米上院議員、パウエル議長は「リーダーとして失格」 (1)

ウォーレン上院議員、FRB当局者による取引の調査をSECに要請

原題:
Fed Officials Violated Ethics Rules With Trading, Powell Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE