コンテンツにスキップする

米住宅市場に暴風雨予報、前回の崩壊予測したアナリストが警鐘

  • 市場はピークかそれに近い状態、調整起きる公算大-ゼルマン氏
  • 投資家が市場をゆがめて、価格を手の届かない水準に押し上げている
U.S. Existing-Home Sales Surged In July By Most On Record
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米住宅アナリストのアイビー・ゼルマン氏は再び警戒すべきサインを目にしている。同氏は米住宅市場が崩壊する2年弱前の2005年に、市場のピークを予想したことでウォール街で知られている。

  新型コロナウイルス禍での歴史的な価格急騰を経て、米住宅市場はピークかそれに近い状態にあるとゼルマン氏は指摘。投資資金が集中するアリゾナ州フェニックスなどの過熱地域は、「調整」に直面する可能性が高いと同氏は顧客に警告している。30年物の住宅ローン金利が小幅でも上がれば、それが4%への上昇であっても需要はストップするだろうとみている。

Ivy Zelman
アイビー・ゼルマン氏
Photo; Zelman and Associates

  亀裂は既に生じつつある。全米ベースの価格上昇ペースは減速し始めている。アイダホ州ボイジーやユタ州ソルトレイクシティーといったコロナ禍で活況となった地域では、争奪戦が繰り広げられる状況から、突如として割引価格で売りに出される事態に変わっている。

  ゼルマン氏は前回のような規模の市場崩壊が全米ベースで起きるとは予想していない。前回はリスクの高いサブプライム住宅ローンによってバブルが増幅した。しかし問題の兆候は前回と似通っていると指摘。投資家が市場をゆがめて、居住目的の買い手の手が届かない水準にまで価格を押し上げているほか、受注残を抱えた建設業者が住宅用地の価格を競り上げているという。

  元クレディ・スイス・グループのアナリストで、2007年にゼルマン&アソシエーツを共同創業した同氏は、「当社の懸念は年内には、あるいは来年にも現実とならないかもしれないが、暴風雨の予報は確かだ」とブルームバーグに述べた。

原題:
Housing Analyst Famous for Pre-Crash Warnings Is Concerned Again(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE