コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米で5-11歳へのファイザー製ワクチン接種開始へ

  • 香港と中国が往来の再開を巡り協議-星島日報
  • コロナとの共存が成長弱める消費者の行動変化を招く恐れとNZ中銀

香港は中国との境界の再開放を巡り中国当局と協議している。香港紙・星島日報が報じた。近く双方の専門家が2回目の協議を行い、往来の再開に関して最終決定する見込みという。中国では武漢から新型コロナウイルスの感染が拡大した約2年前以来で最も多くの省に感染が広がっている。

  米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は2日、5-11歳の子供へのファイザー製新型コロナウイルスワクチン接種を推奨した。この結果、全米の子供約2800万人が新たに同ワクチンの接種対象に加わる。これに先立ち、CDCの「予防接種の実施に関する諮問委員会(ACIP)」は、5-11歳の子供へのファイザー製ワクチン接種推奨を全会一致で支持していた。

米CDC所長、5-11歳のファイザー製ワクチン接種推奨-早期開始へ

  ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は3日、半期に一度の金融安定報告で、コロナとの共存への移行が、経済成長を弱める消費者の行動変化につながる恐れがあるとの見解を示した。

  アイルランドではコロナの新規感染者数が1月以降で初めて3000人を超えた。保健省の発表によれば、3726人の新規感染が確認され、入院患者493人のうち90人が集中治療を受けている。

  ドイツの州・連邦保健当局者の会合のために準備された草案によれば、同国はコロナワクチンのブースター(追加免疫)接種を希望者のほぼ全員に提供する方向に動いている。60歳を超える全員の接種を推奨し、より若い年齢層もワクチン接種完了から最低6カ月経過していれば、医師の判断で受けられるようにする。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億4700万人、死者は501万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計71億2000万回を超えた。

原題:H.K.-China Border Talks; Pfizer Kids Shot Gets Nod: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE