コンテンツにスキップする

リフトの7-9月、調整後利益が予想上回る-コロナ状況改善で需要増

配車サービスを手掛ける米リフトの7-9月(第3四半期)決算では、売上高が前年同期比73%増加した。新型コロナウイルスの感染状況が改善傾向にあることが配車需要を押し上げた。

  7-9月の売上高は8億6400万ドル(約985億円)と、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想8億6200万ドルを若干上回った。 アクティブライダーは前年同期比51%増の1890万人。アナリスト予想は1930万人だった。アクティブライダー1人当たりの売上高は45.63ドルとなり、過去最高を記録した。

  調整後EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は6730万ドルと、市場予想の3300万ドルを大きく上回った。調整後ベースでの黒字達成は2四半期連続。

Mind the GAAP

Lyft is keeping its promise to be profitable on an adjusted basis

Source: Lyft, Inc.

原題:Lyft Revenue Climbs 73% as Drivers Return; Stock Rises (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE