コンテンツにスキップする

世界の石油需要が日量1億バレル突破、価格見通しに前向き-BP

英石油会社BPによれば、世界の石油需要が再び高まっており、日量1億バレルの節目を突破した。新型コロナウイルス流行前の水準を回復した。

  需要回復に伴い石油価格は数年来の高値に上昇。エネルギー供給は大きな制約を受けており、世界の景気回復が脅かされている。

  BPなど石油各社はエネルギー高の恩恵を受けるが、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」に対し原油供給量の引き上げを求める主要石油消費国からの声が強まっている。

英BP、新たに1420億円相当の自社株買い-エネルギー高騰で株主還元

  BPのマレー・オーチンクロス最高財務責任者(CFO)は2日の電話会見で、同社は「来年中にコロナ禍前の水準を超えるだろう」と述べるとともに、「OPECプラスは均衡をうまく図っている。われわれは原油価格見通しに引き続き前向き」との認識を示した。

原題:BP Says Oil Demand Is Back Above 100 Million Barrels a Day(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE