コンテンツにスキップする

中国にディアジオ初のウイスキー蒸留所、23年完成目指す-85億円投資

酒造メーカーの英ディアジオは、中国で同社初のウイスキー蒸留所を建設するため7500万ドル(約85億円)を投じる。

  2日の発表資料によれば、ディアジオは雲南省で6万6000平方メートルの施設を来年着工する予定。2023年の完成を目指しており、中国の高級酒愛好家向けにディアジオ初の中国産シングルモルトウイスキーを生産する。

relates to 中国にディアジオ初のウイスキー蒸留所、23年完成目指す-85億円投資
ディアジオのウイスキー蒸留所完成予想図
 

  中国のアルコール市場ではここ数年、貴州茅台酒の高級白酒やバドワイザー・ブルーイング・カンパニーAPACのプレミアム・スーパープレミアムビールなど高価格帯が好調。ディアジオ・アジア・パシフィック・アンド・グローバル・トラベル部門の社長サム・フィッシャー氏はインタビューで、「消費機会の増加やミドルクラスの急拡大、ウイスキー人気の高まりを受け、中国はわれわれにとって引き続き魅力的な市場だ」と述べた。

relates to 中国にディアジオ初のウイスキー蒸留所、23年完成目指す-85億円投資
ビジターセンター(完成予想図)
 

原題:
Diageo to Make Whisky in China in Bid to Woo Premium Drinkers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE