コンテンツにスキップする

立民・枝野代表が辞任表明「新体制で参院選を」-衆院選で議席減

更新日時
  • 特別国会の閉会日に退く、福山幹事長も引責辞任する意向
  • 共産との選挙協力を巡って支援組織の連合が批判
立憲民主党の枝野幸男代表

立憲民主党の枝野幸男代表

Photographer: Kentaro Takahashi/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

立憲民主党の枝野幸男代表は2日に開いた役員会で、代表を辞任する意向を表明した。特別国会の閉会日に退く。

  枝野氏は「新しい代表の下、新しい体制を構えて来年の参議院選挙、そして次の政権選択選挙に向かっていかなければならないということを決断した」と語った。

  福山哲郎幹事長も引責辞任する意向だ。

  衆院選では、共産党と選挙協力をした立民は議席を減らし、選挙前の109議席が96議席となった。共産との選挙協力を巡っては、支援組織の連合が批判していた。

Japan's Opposition Party Leader Yukio Edano Speaks As Election Campaigns Officially Kick Off
立民の枝野代表
Photographer: Kentaro Takahashi/Bloomberg

 

(辞任までの経緯を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE