コンテンツにスキップする

インフレに強いモメンタム取引、クオンツファンドのAQRが推奨

  • トレンド追随はインフレ時代に一貫してリターンを生む数少ない方法
  • CTAは7年ぶりの高い通期パフォーマンスとなる勢い

クオンツファンド運用会社のAQRキャピタル・マネジメントの最新の研究によると、トレンド追随の投資スタイルはインフレ時代に一貫して実質リターンを生み出せる数少ない方法の一つだ。

  インフレの時期には債券も株式も不動産も軟調になりがちだが、資産価格のモメンタムを追いかける投資家はあらゆるインフレの中で物価上昇以上の利益を得られる。現在の供給サイド起因のインフレでもそれは同じだという。

  AQRプリンシパルのアシュウィン・セーパー氏が率いるチームは 「極端なインフレ環境のニュースとそれに伴う価格の動きは突然に起こるものではない。トレンド追随戦略のファンドがサイクルのどこかで気付き、それに沿ったポジションを組めるくらいは長く続く傾向がある」と分析した。

  2021年のこれまでのリターンを見ると、この説には一理あるかもしれない。モメンタム戦略を採用するヘッジファンドである商品投資顧問業者(CTA)の指数によると、 先月のリターンは6カ月ぶり高水準で、年初来ではプラス9%と7年ぶりの高い通期パフォーマンスとなる勢いだ。

relates to インフレに強いモメンタム取引、クオンツファンドのAQRが推奨
出典:AQR
 

  値上がりしている資産を購入し値下がりしている資産を売却する機敏な投資でさまざまな環境を生かせるトレンド追随戦略だが、過去10年の低ボラティリティー、低インフレの中でCTAのパフォーマンスは株式に60%、債券に40%投資する伝統的なポートフォリオを下回った。

  しかし今年に入ってはリフレ取引の中で2000年以来の好成績の月があり、現在も商品のロングと債券のショートで流れに乗ることで利益を上げている。

  ヘッジファンド会社マン・グループもトレンド追随ファンドを持っているが、同戦略は「重大なインフレショックの時期に最も信頼できるプロテクションを提供する」と8月に指摘した。

 

原題:
AQR Touts Quant Momentum Trade as Inflation Fuels a Comeback (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE