コンテンツにスキップする

ペロシ米下院議長、バイデン政権の経済計画で今週中の法案採決を計画

  • 民主党穏健派、コストなどの詳細な分析求める考えを示唆
  • 法案可決には民主党が造反を3票に抑える必要

ペロシ米下院議長は、バイデン大統領の経済政策を構成する2つの法案について今週中の採決を実施する計画だ。全体のコストや経済的影響が不透明だとマンチン上院議員が表明するなど、民主党穏健派は詳細な分析を求める考えを示唆している。

  バイデン氏の経済計画の大部分を占める1兆7500億ドル(約200兆円)規模の税制・支出計画について、阻止すると表明した民主党穏健派の議員はまだいない。ただ現状は、ペロシ氏やバイデン氏、他の民主党指導者が法案可決に向けた合意をまだ完全に取り付けていないことも示している。

バイデン米大統領の経済計画、マンチン上院議員が急ブレーキ

House Speaker Pelosi Holds Weekly News Conference
ペロシ米下院議長
写真:Ting Shen / Bloomberg

  ペロシ議長は、英グラスゴーで開催中の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に出席する前に、税制・支出計画および5500億ドル規模のインフラ投資法案について下院採決を実施することに集中している。下院予算委員会のヤーマス委員長が1日に明らかにした。ペロシ議長のオフィスは同議長がいつ出発するかまだ発表していない。COP26は12日まで続く。

  ペロシ氏は1日夜、「法案可決に向けた軌道にある」と語った。

  マクガバン下院議事運営委員長は、税制・支出計画の本会議審議に向けた準備のため同委が3日に会合を開く可能性が高いと述べた。

  だが一部の下院穏健派議員のコメントは、十分な票を確保できるか疑問を投げ掛けている。法案可決には民主党が造反を3票に抑える必要がある。同党のマーフィー、コスタ両下院議員は、新たな支出の財源が確保されるよう議会予算局(CBO)の評価を見たいと述べた。

原題:
Pelosi Presses for Vote on Biden Bill Despite Manchin Objections(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE