コンテンツにスキップする

シンガポール、暗号資産の世界的ハブ目指す-厳格な企業規制通じ

  • 最善の方法は仮想通貨の取り締まりや禁止ではないとMAS長官
  • バイナンスやジェミニなどの仮想通貨関連企業が引き寄せられている

急成長を遂げている金融分野の一つである暗号資産(仮想通貨)への対応に世界の金融センターが取り組む中で、シンガポールは暗号資産ビジネスのキープレーヤーとしての地位固めを目指している。 

  シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)のメノン長官はインタビューで「最善の方法はこれらの取り締まりや禁止でないだろう」と発言。その代わりにMASは、要件を満たし多くのリスクに対応する企業が運営できるよう「強力な規制」を整備しつつあると語った。

relates to シンガポール、暗号資産の世界的ハブ目指す-厳格な企業規制通じ
メノン長官
Source: Bloomberg

 

  メノン長官は「仮想通貨をベースとする活動は基本的に、現時点では形がはっきりしない将来的展望への投資だ」とした上で、「ただこのゲームに参加しなければ、シンガポールは出遅れる恐れがあると思う。早期に加われば有利なスタートとなり得るほか、リスクとともに潜在的な利益への理解も深まる」と語った。

  各国・地域の規制当局ともめているバイナンス・ホールディングスや、機関投資家をターゲットとする米ジェミニなどの暗号資産関連企業は拠点設置でシンガポールのアプローチに引き寄せられている。

メノン長官はシンガポールが暗号資産ビジネスのキープレーヤーとしての地位固めを目指していると語る
出典:ブルームバーグ

原題:
Singapore Has Grand Ambitions to Become a Global Crypto Hub(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE