コンテンツにスキップする

アマゾン出資のリビアン、最大84億ドル規模のIPO目指す-届け出

From
  • 最大530億ドルの企業価値評価も、1月時点では276億ドルとの評価
  • 1億3500万株を発行する計画、仮条件は1株当たり57-62ドル

アマゾン・ドット・コムが出資する電気自動車(EV)メーカーのリビアン・オートモーティブは、最大84億ドル(約9600億円)規模の新規株式公開(IPO)を目指しており、このIPOで同社の企業価値は最大530億ドルと評価される可能性がある。

  1日の米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、リビアンは1億3500万株を発行する計画で、仮条件は1株当たり57-62ドル。届け出に記載された発行済み株式数に基づけば、IPO価格が仮条件レンジ上限なら同社の企業価値は530億ドルとなる。

  従業員のストックオプションや制限株式を考慮すると、同社の評価額は完全希薄化ベースで600億ドル近くとなる。ブルームバーグ・ニュースの報道によれば、同社は1月に実施した26億5000万ドル規模の資金調達ラウンドで、企業価値276億ドルと評価されていた。

  届け出によれば、リビアンの大口投資家にはアマゾンやフォード・モーターのほか、Tロウ・プライスの関連会社やグローバル・オリックス、マンハイム・インベストメンツなどが含まれている。

原題:
Rivian Lures Blackstone, Coatue to IPO of Up to $8.4 Billion (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE